西原式育児

西原式育児で、アトピー改善!!

我が子がアレルギー?!

もしかしたら?!とは思っていても受け入れたくない現実ですよね.

医師から「アトピー性皮膚炎です」と診断され、大変ショックを受けているお母さんも多いと思います。でも私は「大丈夫ですよ。」と胸を張ってお話できます!!

是非、西原式育児でアトピーを改善しましょう!!

 

こんばんは~。母乳育児アドバイザーの久保祥実(まさみ)です。

今日も私のブログをご覧になって下さり、ありがとうございます。

私は、13年前より、西原式育児を取り入れた母乳育児のサポートをさせて頂いています。

その結果、どんなに酷い赤ちゃんのアトピーでも、腸が完成する頃には、すっかりアトピーを改善させることができるようになりました。

 

私事ですが、 次女がアトピーを発症したのは1歳の頃だったと思います。

残念ながら、この時はまだ西原式育児に出合っていなかったので、ステロイドはできるだけ使いたくないと思いながらも、他に良い方法が分からず、渋々ステロイドを塗っては余計に悪化させるの繰り返しでした。

そして、軽い気持ちで塗り始めたステロイドも、気が付いたら手放せなくなっており、先の見えない不安とかゆがる娘の対応に、身心共に疲れ、暗闇の中での育児でした。

そんな状態で次女が小学1年になったある日、マッサージに来られていた「家庭保育園」の会員であるお母さんから、西原先生の事を教えてもらいました。

私は、それまでの体験から、赤ちゃんのアトピーはどんどん悪くなっていくということはよく分かっていたし、その時うちに通ってきてくれていたお母さんの不安や辛いお気持ちも、手に取るように分かりました。

なので、私は直ぐさま西原先生のご著書を読みあさり、早速、赤ちゃんのアトピーで悩んでいるお母さんに西原式育児を取り入れてみることにしたのです。

その結果、お陰様で200名以上のアトピーで苦しむ赤ちゃんを救う事ができました。

軽い湿疹の赤ちゃんまで入れたら、もっともっと多くなります。

 

私は、軽い湿疹からアトピーへと進んでいく赤ちゃんを、それまで本当に沢山見てきていたので、もし西原式育児がなかったら、私の次女を含めて、200名以上の赤ちゃんはどうなっていたんだろうな、と思います。

 

西原式育児を取り入れた母乳育児で、湿疹は悪化することなく、いつの間にか消え、喘息や花粉症など併発せずに、(アレルギーマーチになることもなく)健康に育ち、更に賢くて思いやりのあるお子さんに育っていると沢山のお母さんから、喜びの声が届いています。

 

そして、私の次女は小学1年生以降、脱ステロイドと、民間療法と自然療法でアトピーを改善することが出来ました。
でもそこで、何が一番大変だったかと言うと、アトピーを改善させる全ての事で、自分の意志を持ち始めた次女を、納得させるということでした。

 

西原式育児を取り入れた母乳育児だと、お母さんの意志だけで実践できる時期に、しかも短い期間で赤ちゃんにとって健康という一生の宝を手に入れることができるのです

ですから、不安かも知れませんが、興味のあるお母さんは、どうぞ勇気を振り絞って、チャンレンジしてみて欲しいのです。

 

アトピーの改善は勿論ですが、必ず赤ちゃんとお母さんの成長に繋がりますからね。

 

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。