日記

赤ちゃんのアレルギー体質を改善させるうえで一番大切な考え方。

この世からアレルギーを無くしたい!!

何が何でもアレルギーの赤ちゃんを救いたい!!

以前は、そんな強い思いで母乳育児アドバイザーをやっていました。

でも最近は、肩の力が抜けてきて、ニュートラルな自分も感じることができてきました。

 

皆さんこんにちは。母乳育児アドバイザーの久保祥実(まさみ)です。

今日も私のブログを読んで下さり、ありがとうございます。

 

私は、自分自身がアレルギー体質で20年以上も花粉症で苦しんでいました。酷い時は寝込むほどだったのです。勿論、耳鼻科に通い、薬は飲んでいましたが、酷くなる一方でした。

さらに、40代半ばでアトピー性皮膚炎になりました。

薬を使わず、体質改善でアトピー性皮膚炎を改善しました。すると同時に長年苦しんできた花粉症とも縁が切れました。

それまでの私は、義父の介護と子育てと仕事。私にとっては息つく間もない位、慌ただしく時間が過ぎていましたが、それなのに、仕事をしている時が一番楽しい時間だったのです。

仕事は、お母さん方に喜んで頂けて、おまけに感謝されて、収入にも繋がる。何より、私の存在欲求を満たして貰える場所であったからです。

それから自分自身がカウンセリングを受け、コーチングやフィーリングの勉強をし、自分を見つめることができる様になりました。

そして、最近は

『この世からアレルギーを無くしたい!!』

『何が何でもアレルギーの赤ちゃんを救いたい!!』

それって自己満足かも?! 押しつけかも?!と疑問が湧いてきたのです。

 

振り返ってみれば、それまでに、私にも気付けるチャンスは何度もあったのでしょうが、そのチャンスを逃してきていました。気づく時期ではなかったのだと今はそう思えています。

そして、その辛かった体験があったからこそ今の私が在るのだ。

だから、もう辛かった体験を否定するのは止めて、これからは、辛かった体験をプラスにかえていこう!!と思えるなりました。

辛い体験は、実は 『ったのです。

だから、アレルギーは悪い!!みたいな考えもどうなのか?!と。

何を選択するかはその人にとって必要な時期があるのですよね。

だからこそ、辛かった体験をプラスにかえられる人間になりたいな~と思うのです。

 

私は、西原式育児を基にアトピーにならない育児法アレルギーを改善する育児法を私の体験や勉強してきたことをただ、伝えさせて頂くだけです。

選択するのは貴女(お母さん)ですよ!!

どちらを選択しても、それはお母さんにとって『宝』になるのです。

押しつけや私の自己満足にならない様に・・

でも気づきたいお母さんの為に少しでも力になりたいというのが本心です。

 

ご訪問ありがとうございました。