アトピー性皮膚 · 母乳について · 母乳育児のメリット · 西原式育児

完全母乳の西原式育児を取り入れたのに、アトピーが改善されなかった…

当院に連絡をくださるお母さんは、西原式育児や母乳育児を真剣に望むお母さんがとても多いです。
お母さんたちは、本当に子供を元気にたくましく育てたいという熱い思いを持っておられるのですね(^^)

しかし…

ママ

完全母乳の西原式育児を取り入れたのに、
アトピーが改善されなかった…

という、腹立たしい声や、悲しい声を時々耳にします。

これは、西原式育児や完全母乳に対する「勘違い」で起こっている怒りや、悲しみだと私は感じています。

 

 

西原式育児と母乳マッサージの必要性

西原式育児集中ケアコースをご依頼いただくのは、殆どが遠方からお越しの方です。
それほどまでに西原式育児を実現しようという熱い想いのある方ばかりです。

しかし残念なことに、マッサージの必要性を理解しているお母さんは少ないのが現状です。

特に他院の母乳マッサージに通っているお母さんの多くは、「問題無いと言われている」と、自信有りげに言われます。

おっぱいのシコリもとれ、母乳も出ている。
何より「問題なし」と太鼓判を押されると、そう信じてしまって当然だと思います。

しかし、私がマッサージをすると、100%ゴリゴリのシコリだらけです。

201703010826

「これでは母乳だけで無理じゃないか?」と、感じずにはおられません。

他院では西原式育児を知らないか、重要視されてないので、乳腺炎でもない限り問題とは捉えないのが現状なのだと思います。

 

 

西原式育児は、離乳食を遅らせれば良いというものではありません。
アトピー改善は完全母乳を頑張れば大丈夫というものでもありません。

また6ヶ月で離乳食始めて、一歳過ぎの断乳が一般的で、常識としてまかり通っています。

当たり前にお母さんやお父さんの親御さんもそうされてきた家庭が多いので、この常識に疑問を持つご両親も少ないのも当たりまえなのかもしれません。
そしてまた「離乳食を遅らせるのが西原式育児」と勘違いしているお母さんが多いですね。

これは本当に勘違いで、西原式育児を取り入れているつもりでも、質の悪い(本人自覚無し)おっぱいでは、アトピーは改善できないのです。

201703010828

 

 

西原式育児と母乳育児で
アトピーを改善・予防したいのなら

アトピーの改善やアトピーの予防を考えるのなら

・母乳の状態をよく理解する
・精神的ストレスを軽減させる
・質の良い母乳を最大限出すためにマッサージを行う
・3点セットでお母さんの体の状態を整える

が必要なのです。

201703010833

 

それは、お母さんにアレルギーがあったり、体調が良くないと、おっぱいの中にいろんな毒が入り、その毒を赤ちゃんの未熟な腸が吸収し、白血球に入って脳に送られてしまうので、アレルギーが悪化したり、母乳育児を行っても、よく病気する子になってしまうんですね。

私もそれは13年の経験で実感しています。
やはり、マッサージによく通われた方の方がアレルギーを早く改善できてるし、予後が断然違ってくるのです。

その子供たちはとても健康だし、何より賢いです。

皆さん殆どアレルギーで困っている方が多いので、アレルギー改善には、質の良いおっぱいが必要なんです。

しかしお母さんには母乳の質が悪いだとか、母乳が実は足りていないなどの自覚がないうえに、周りの考え(当たりまえという常識)に囲まれているので気づきにくいのです。

 

 

まずは正しい知識を得てくださいね

西原式育児や母乳育児で、お子さんを健康に育てたいという願いがあるのであれば、正しい知識を得てください。

マッサージを受けずとも、相談も受け付けております(有料)。
本気の方はぜひ、ご連絡くださいね。

お問い合わせはこちらから

tel_contact_bn